店主のブログ 江戸時代を世界遺産に
不定期更新中です。

現在は11月開催の企画展のための準備中となります。
ご用のある方は下記メールアドレスまでご連絡ください。
Email:info@gallerysenju.com

千寿庵には、富士講の行者小谷三志の肖像画と書が所蔵されています。
またここにはごく小さな富士塚がありここに移るにあたって、何かの「縁」を感じていました。
ここは江戸後期の地図によると谷中寺町の三叉路の突端なので地主が往来に人たちのために奉った富士塚と思われます。
古(いにしえ)の格言に「袖振り合うも多生の縁」というものがあります。
庵主は、この場所を行き交った人との「縁」を大切にしたい思いから皆様が「お参り」できるようにしました。
丁度、この富士塚を拝む方角に富士山があります。どうぞよろしくお参り、合掌ください。
良き「縁」と「福」がありますように。

千寿庵主敬白


 

ABOUT